スキンケアとは、健康的で美しい肌を持続するために行うケアの事を言います。
洗顔などで肌の汚れを洗い流し、化粧水などで潤いを与えるのが一般的ですね。
「スキンケア」と一言で言っても、人それぞれ異なります。
そこで、加齢に伴う肌の変化とその時々で必要なケアについて解説したいと思います。
30代のお肌は仕事も育児も忙しく、負担が増える30代。
肌の老化を身にしみて感じます。
新陳代謝もコラーゲンも減少し始め、思ったように肌が回復しなくなります。
20代は必要最低限のケアでも肌状態を維持できるのですが、30代では、高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。美容液・パックなどの気になる部位をケアする事も始めましょう。
なぜターンオーバーが早まってしまうのか、その一因として洗顔のし過ぎが挙げられます。
本来、古くなった角質は簡単に洗い流せるにも関わらず、洗顔を意識する余り、肌をこすり過ぎたり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことがあります。
角質は皮膚を刺激から守るバリアの働きをしており、必要である角質まで剥がしてしまう事は、肌にとっては命取りなのです。
25歳はお肌の曲がり角と言われているので、この時期に肌の変化を感じる方も多いかもしれません。
しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく年齢肌の始まりに過ぎないのです。
年齢肌の悩みで多くを占めるのは「乾燥」です。
この時期から正しい乾燥対策をすることで、肌の老化がゆっくりになるでしょう。
肌が潤っていないと感じ始めたら、保湿ケアを見直してみましょう。綺麗な肌を保つ上で重要となるターンオーバーについて、そのメカニズムをご説明します。
肌の細胞は表皮の最深部にある基底層で生まれて、徐々に上層へと押し上げられます。
最後は角質として、肌から剥がれ落ちるのですが、サイクルをターンオーバーと呼びます。
健康なターンオーバーのサイクルは20代で約28日。
ターンオーバーが早くても遅くてもきれいな肌は作れません。
50代は更年期真っ只中で、心身ともに不調の多い状態。コラーゲン量は20代の頃と比べて半分程になり、ハリや潤いも減ってしまいます。
肌の水分量が減ることにより、一年中乾燥と向き合う事になります。保湿・保水の効果を上げる為に、浸透力が高い製品を選ぶ方法もあります。
目元・口周りなど、部分ケアも必要になるので、それらを集中ケアする製品も必要になるかもしれません。保湿ケアの基本は、水分を補うことと、逃さないこと。
化粧水で水分を補い、乳液やクリームが蓋の役割をします。片方しか行わなかったり、バランスが悪いと、乾燥を悪化させてしまう事を、注意が必要です。
同時に、生活習慣が肌に影響しやすくなります。
生活スタイルを見直すにも見直すことも大事ですね。
現状は多くの女性の肌でターンオーバーが早まっています。
ターンオーバーが短いとなぜ良くないのでしょうか?ターンオーバーが早いと、次々新しい細胞が生まれ、未熟なまま押し上げられ、各層で働く事になります。十分な保湿力もなく、刺激にももろい細胞達が肌を守ることはできません。また、未熟な細胞は肌から剥がれにくくなるので、古い角質がたまりやすくなってしまいます。
その結果、乾燥やガサつきなどの肌トラブルが起こるのです。洗顔がスキンケアの基本と述べましたが、ただゴシゴシ洗えば良いのではなく、肌にとって大事な成分は洗い流さない、優しい洗顔が必要なのです。
では次に、洗顔後のスキンケアへ話を進めましょう。
洗顔後に行うスキンケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々です。最近は全てを集約したオールインワン化粧品も人気ですね。
洗顔後のお手入れは、年齢によって変えていくと良いでしょう。
初めに、20代のお肌から。比較的健康で、肌トラブルの少ない20代女性は、自分の肌タイプに合った正しいケアを知ることが最も重要です。
肌は、水分と油分、この両方を補わなければなりません。
つまり、オイリー肌の方でも水分を補わなければなりません。多少ケアを怠っても影響が少ないのは若いうちだけで、この頃から紫外線対策などは始めるべきで、後々後悔することになります。