この機会に、自分の洗顔や化粧品を再度見つめ直してみませんか?ただし、やり過ぎはNG!肌が本来持っているバリア機能や免疫力を壊さないケアを心がけたいですね。体調と肌は関連しているので、見た目だけに気を取られず、内面から磨きをかけなければしましょう。
スキンケアの基本は洗顔と述べましたが、やみくもにこする洗顔ではなく、肌にとって必要な成分はしっかり残す、「優しい洗顔」が重要です。
続いて、洗顔後のケアへ話を進めましょう。
洗顔後に行うスキンケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々です。最近は全てを集約したオールインワン化粧品も注目を集めていますね。
26歳はお肌の曲がり角でもあるので、この時期にお肌のトラブルに直面することがあるかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく肌悩みの一部にしか過ぎません。
年齢肌の悩みで多くを占めるのは「乾燥」です。この年から自分に合った乾燥対策を間違わなければ、年齢肌を遅らせることができるでしょう。潤いが減ってきたと感じたら、保湿の仕方を改めてみましょう。30代に入ってお肌は仕事も育児も忙しく、負担の大きい30代。
肌の老化を身にしみて感じます。新陳代謝やコラーゲンが減少し始めるので、肌の回復力が衰えます。
20代は必要最低限の化粧品でも満足できるのですが、30代になると高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。
美容液やパックなどで、部分ケアを始めてみましょう。どんなにもがいても年齢とともにお肌が衰えるのは逆らえない現実です。やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年齢とともに変わる肌の様子を理解しておくことは大事ですね。その時その時に応じたケアを行うことで、少しでも老化を食い止め、美しい肌をキープするのがエイジングケアの目的です。
年齢と共に、肌はカサカサになり、肌細胞が乱れ、シミやくすみが増えていくのが現実です。若い頃と同じお手入れを続けていても、肌の衰えに追いつけません。年と共にお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず初めに、どの年代でも1番の基本となるのが「洗顔」です。
肌表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着し、それを放置するとニキビや肌荒れが出来るのです。
肌表面の汚れを綺麗に落とすことで、正常なターンオーバーは維持できないのです。
洗顔後のお手入れは、年齢によって変えていくと良いでしょう。
まずは、20代のお肌。
比較的健康で、肌トラブルが少ないのが20代女性ですが、肌タイプに合った正しいケアを知ることに力を入れましょう。
肌は、水分と油分、この両方を必要とします。
なので、オイリー肌の方も水分を補う事を忘れてはいけません。
多少ケアを怠っても影響が少ないのは若いうちだけで、この頃から紫外線対策などは始めるべきで、後々大きな差が出ます。
ターンオーバーがなぜ早くなってしまうのか、その理由の一つに洗い過ぎが挙げられます。古くなった角質は洗えば簡単に落ちるのですが、洗顔を頑張りすぎる結果、成分の強い洗顔料でゴシゴシこすってしまうことがあります。
角質は肌の表面で皮膚を保護するバリアの働きを担っており、必要な角質や皮脂を残しておかないと、肌が荒れてしまうのです。毎日当然のように行っているスキンケアですが、自分の肌に合ったケアを行わないと、肌に負担がかかってしまうことをご存知ですか?肌タイプは、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など人それぞれ異なります。
また、生活スタイルやストレス、年齢によっても肌状態が変わることもあります。
このような肌の変化にいち早く気付き、正しくケアすることこそが、素敵な肌をキープする上で最も重要なポイントなのです。
50代女性は、更年期真っ只中にいることが多く、心身ともに低迷状態。
コラーゲンは20代の頃と比べて約半分にまで減り、当然肌のハリや潤いも失われます。
肌の水分量が減り、一年中乾燥と向き合う事になります。
保湿・保水ともに、浸透力が高い製品を選ぶと尚効果的です。目元やほうれいせんなど、部分的な乾燥やシワには、それらをケアする製品も付け加えましょう。