30代のお肌。仕事での責任が増えたり、出産や育児に追われたり、何かと負担の大きい30代。肌の老化を確実に感じ始めます。新陳代謝もコラーゲンも減り始め、思ったように肌が回復しなくなります。
20代は最低限のケアでも満足できるのですが、30代では、高機能化粧品やスペシャルケアに頼るようになります。
美容液・パックなどの気になる部位をケアする事も始めたいですね。毎日当たり前のように行っているスキンケアですが、自分の肌に合ったケアを行わないと、逆効果になってしまうことをご存知ですか?肌タイプは、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など人それぞれ異なります。
生活スタイルやストレス、年齢などによる影響も肌のコンディションに影響を与えます。
このような肌の変化にいち早く気付き、最適なケアをすることこそが、素敵な肌をキープする上で最も大切なポイントなのです。
スキンケアとは、健やかで美しい肌を維持するためにほどこすケアの事です。洗顔などで肌を綺麗にし、化粧水や乳液で保湿するのが一般的な手順ですね。
スキンケアと言っても、一概に皆同じではありません。そこで、加齢による肌の変化と、その時々で必要なケアについてご説明します。残念なことに今、多くの女性においてターンオーバーが短い事が指摘されています。
ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。ターンオーバーが早いと、次々新しい細胞が生まれ、十分に成熟しない状態で押し上げられていきます。
保湿力も抵抗力も弱い細胞達では肌を守るのは困難です。
また、未熟な細胞は肌から剥がれにくいという性質を持ち、ゴワゴワした角質が肌表面に溜まってしまいます。
その結果、肌の乾燥やガサつきが起こるのです。
50代女性の多くは、更年期真っ只中で、心身ともに不調の多い状態。
コラーゲンは20代と比べて半減しており、肌のハリや潤いも失くなっていきます。
肌の水分量が減るので、一年中乾燥に悩まされます。
保湿・保水ともに重要なのは変わりませんが、成分の浸透力が高い製品を選ぶとより効果的です。目元・口元など、部分的な乾燥やシワが気になる人は、益々手間がかかります。今一度、自分の洗顔や化粧品を今一度見つめ直してみませんか?何事もやり過ぎは厳禁!肌は本来バリア機能や免疫力を損なわないケアを行いたいですね。
また、体調と肌は密接な関係があるので、表面だけに捉われず、内側から磨きをかけることも忘れてはいけません。ターンオーバーがなぜ早くなってしまうのか、その理由の一つに「過剰な洗顔」が挙げられます。
そもそも古くなった角質は簡単に洗い流せるものなのですが、洗顔を意識しすぎるあまり、過剰にこすったり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことが多々あります。角質は肌表面で皮膚を守るバリアの働きがあり、必要な角質まで剥がされてしまうと肌が荒れてしまうのです。
保湿ケアの基本は、水分を補い、逃さないと言うこと。化粧水で潤いを満たし、乳液やクリームで蒸発を防ぐのです。
バランスの悪いケアは、逆に乾燥を招いてしまうことがあるので、注意が必要です。
また、生活習慣により、肌が乱れやすくなります。
乱れた生活にメスを入れる改善したい時期ですね。
顔を洗った後のお手入れは、年齢に応じて変えると良いでしょう。
まずは、20代のお肌について。まだまだ健康で、トラブルの少ない20代女性の肌は、肌タイプに合った正しいケアを知ることに力を入れましょう。肌は、水分と油分、この両方を補わなければなりません。
なので、皮脂の多い方でも水分を補わなければなりません。
20代では、多少ケアを怠ってもダメージは少なく済みますが、若いうちから紫外線対策に力を入れておくと、後々大きな差が出ます。
40代に突入すると、ホルモンバランスが崩れ、肌のたるみ・シワ・ほうれい線など、気になる所も益々増えます。潤いを持続する力も減るので、乳液に加えて、クリームなどを使い、保湿へ力を入れましょう。そして若い頃に比べて紫外線に弱くなるので、シミやくすみを増やさない為にも紫外線対策は万全にしましょう。
化粧品だけでは足りないと感じたら、体の内側からのケアも必要です。