40歳に入ると、ホルモンバランスが崩れ、シミ・たるみ・シワ・ほうれい線など悩む箇所も一気に増えます。乾燥しやすいので、美容液に加えて、クリームなどを使い、保湿を強化することがポイントです。そして若い頃に比べて紫外線に弱くなるので、シミやくすみを増やさない為にも紫外線対策は万全にしましょう。化粧品だけでは足りないと感じたら、体内からのケアが有効です。
年齢と共に、肌は乾燥し、キメは乱れ、シミやくすみは増えていく…。若い頃と同じお手入れでは、追いつかない事に気付かされます。年と共にお手入れをどう変えていけば良いのでしょうか?まず初めに、どの年代でも1番の基本となるのが「洗顔」です。
肌表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着するので、それを放置するとニキビや肌荒れの原因となります。
肌表面の汚れを綺麗に落とすことで、健康なターンオーバーに欠かせません。30代になると仕事も育児も忙しく、負担が増える30代。
肌の老化を実感する時期です。
新陳代謝の低下やコラーゲン減少により、肌の回復に時間がかかります。
20代は必要最低限の化粧品でも満足できるのですが、30代は、高機能化粧品やスペシャルケアが求められます。
美容液やパックを用いた気になる部位をケアする事も始めたいですね。
現代女性の傾向として短い周期のターンオーバーです。
ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。
肌の入れ替わりが短いと、新しい細胞が生まれる速度が早く、十分に成長しないまま各層で働く事になります。保湿力も少なく、外部刺激にも弱い細胞達が肌を守るのは難しい話です。
また、未熟な細胞には肌から剥がれにくいという性質もあるので、ゴワゴワした角質が肌表面に溜まってしまいます。その結果、肌の乾燥やガサつきと言ったトラブルが起こるのです。
ターンオーバーが早くなる仕組みはその理由の一つに「過剰な洗顔」が挙げられます。古くなった角質というのは、簡単に洗い流せるものなのですが、洗顔を意識する余り、肌をこすり過ぎたり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことがあります。角質には肌表面で皮膚を守るバリアの働きがあり、必要な角質まで洗顔で剥がしてしまうと肌が弱くなってしまうのです。更年期に入る50代は心身ともに不調の多い状態。
コラーゲン量は20代の頃と比べて半分程になり、肌のハリや潤いも失われます。
肌が持つ水分量が減るので、一年中乾燥に悩まされます。保湿・保水ともに重要なのは変わりませんが、浸透力の高い製品を選ぶ事が有効です。目元・口元など、部分的な乾燥やシワも増えるので、専用のケア用品を使用しましょう。
どれだけ頑張っても肌の老化には事実です。
やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年とともに起こる肌の変化を知っておく事は大事ですね。
その時々に最適なケアを行うことで、少しでも老化速度を遅らせ、綺麗な肌をキープするのがエイジングケアの真意です。
顔を洗った後のお手入れは、年齢に応じて変えると良いでしょう。
まずは、20代のお肌。比較的健康で、肌トラブルが少ないのが20代女性ですが、自分の肌タイプを知り、正しいケアを学ぶことが最も重要です。
肌は、水分と油分、両方を必要とします。
なので、オイリー肌の方でも保水を行わなければならないのです。多少ケアを怠っても影響が少ないのは若いうちだけで、この頃から紫外線対策などは始めるべきで、後々大きな差となって現れます。保湿ケアは、水分を補い、逃さないことが原則です。化粧水で潤いを満たし、乳液やクリームで蒸発を防ぐのです。
どちらかしか行わなかったり、バランスが悪いと、逆に乾燥を招いてしまうことがあるので、注意が必要です。同時に、生活習慣が肌に影響しやすくなります。
生活スタイルを見直すにも改善したい時期ですね。スキンケアの基本は洗顔とお伝えしましたが、やみくもにこする洗顔ではなく、肌に必要な成分をしっかり残す、優しい洗顔こそが重要なのです。
続いて、洗顔後のケアへ話を進めていきましょう。
洗顔した後に行うお手入れは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々な種類があります。
最近はお手入れ時間が短縮できるオールインワン化粧品も人気がありますね。