この機会に、自分の洗顔や化粧品を見つめ直してみませんか?どんなこともやり過ぎは良くありません。肌に本来備わっているバリアや保湿機能や免疫力を邪魔しないケアを心がけましょう。また、体調と肌は密接な関係があるので、表面的なものに捉われ、内側からも磨きをかけるように忘れてはいけません。毎日何気なく行っているスキンケアですが、肌状態に合ったケアを行わないと、効果がないどころか負担になってしまうことをご存知ですか?人の肌は、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など様々です。それに生活スタイルやストレス、年齢が原因で肌のコンディションは左右されます。
そんな肌の変化に素早く気付き、最適なケアをすることこそが、綺麗な肌を保つ上で最も重要なポイントなのです。スキンケアの基本は洗顔とお伝えしましたが、ただゴシゴシ洗えば良いのではなく、肌にとって必要な成分はしっかり残す、優しい洗顔が必要なのです。では次に、洗顔後のケアへ話を進めましょう。洗顔の後に行うケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど種類も様々です。最近は全てを集約したオールインワン化粧品も人気を集めていますね。ターンオーバーと言う言葉は聞いたことがあると思いますが、その仕組みは次の通りです。
肌の細胞は表皮の奥にある基底層で生まれて、徐々に上層へと押し上げられて行きます。
最終的に角質となって、剥がれ落ちるのですが、サイクルをターンオーバーと呼びます。
健康な肌のターンオーバーは28日程度でターンオーバーしています。
ターンオーバーが早くなることも遅くなることも肌には良くないのです。どんなにもがいても肌の老化には事実です。
やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年齢による肌の変化を知る事は大切ですね。その時々に、肌が求めている正しいケアを行うことで、老化を少しでも遅らせ、若々しい肌を維持する事がエイジングケアの目的です。
保湿ケアの原則は、水分を補うことと、逃さないこと。
化粧水で潤いを満たし、乳液やクリームで蒸発を防ぐのです。
どちらかに偏ったケアやバランスの悪いケアは、乾燥を悪化させてしまう事を、注意が必要です。また、生活習慣により、肌が乱れやすくなります。
この時期に生活スタイルを改善したい時期ですね。
年齢と共に、肌はカサカサになり、キメが乱れ、シミやくすみが増えていく肌…。若い頃と同じお手入れを続けていても、肌の衰えを止められません。
年代ごとにお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず、どの年代でも1番の基本となるのが洗顔です。肌表面には、皮脂や汗、雑菌などが付着するので、それを放置するとニキビや肌荒れの原因となります。
肌の汚れを綺麗に落とすことが、正常なターンオーバーは維持できないのです。
スキンケアとは、健やかで美しい肌を維持するために行うケアの事を言います。
洗顔などで肌の汚れを取り除き、化粧水などで潤いを与えるのが一般的な方法ですね。
「スキンケア」と一言で言っても、最適なスキンケアも人それぞれ。そこで、年齢による肌状態の変化とスキンケアをどう変えれば良いか解説したいと思います。
50歳に入ると多くの女性が更年期真っ只中で、心身ともに疲労した状態。コラーゲンは20代の頃と比べて約半分にまで減り、当然肌のハリや潤いも失われます。肌の水分量が減っているので、一年中乾燥を気にしなければなりません。保湿・保水ともに重要なのは変わりませんが、浸透力が高い製品を選ぶ方法もあります。目元やほうれいせんなど、部分的な乾燥やシワには、それらを集中ケアする製品も必要になるかもしれません。
ターンオーバーが早くなる仕組みはその理由の一つに洗顔のし過ぎが挙げられます。
本来、古くなった角質は洗えば簡単に落ちるのですが、洗顔を頑張りすぎる結果、成分の強い洗顔料でゴシゴシこすってしまうことがあります。
角質は皮膚を刺激から守るバリアの働きをしており、必要な角質まで洗顔で剥がしてしまうと肌が弱くなってしまうのです。