肌ケアの基本は洗顔にあると言っても、やみくもに洗うのではなく、肌に必要な成分をしっかり残す、優しい洗顔こそが重要なのです。
では次に、洗顔後のケアへ話を進めていきます。洗顔後のケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々です。最近はお手入れ時間が短縮できるオールインワン化粧品も注目されています。洗顔後のお手入れは、年齢によって見直していくと良いでしょう。
まずは、20代のお肌について。比較的健康で、肌トラブルが少ないのが20代女性ですが、自分の肌タイプに合った正しいケアを知ることが最も重要です。
肌は、水分と油分、両方を必要とします。なので、オイリー肌であっても水分を補う事を忘れてはいけません。多少ケアを怠っても若いうちは影響を受けにくいのですが、この頃から紫外線対策などは始めるべきで、後々大きな差となって現れます。
40歳に入ると、ホルモンバランスが崩れ、肌がたるみ、シワが増え、ほうれい線が目立ち…気になる箇所も増えていきます。潤いが失われやすくなるので、保湿力の高いクリームなどを使い、保湿へ力を入れることがポイントです。
さらには、若い頃に比べて紫外線の影響を受けやすくなるので、シミやくすみが気になる方は、紫外線対策も万全にしましょう。
化粧品だけでは足りないと感じたら、体内からのケアが有効です。毎日何気なく行っているスキンケアですが、自分の肌に合ったケアを行わないと、返って悪化させてしまうことをご存知ですか?人の肌は、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など様々なタイプがあります。また、生活スタイルやストレス、年齢によっても肌状態が変わることもあります。そうした肌の変化に敏感になることと、状態に適したケアを行うことが、綺麗な肌へ近付くための最も重要なポイントなのです。一体なぜターンオーバーが早まったのか、その理由の一つに洗い過ぎが挙げられます。そもそも古くなった角質はであるにも関わらず洗顔を意識しすぎるあまり、肌をこすり過ぎたり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことがあります。
角質は肌表面で皮膚を守るバリア機能を担っており、必要な角質や皮脂を残しておかないと、肌がボロボロになってしまうのです。
綺麗な肌を保つ上で重要となるターンオーバーについて、簡単に説明しておきます。
肌の細胞は表皮の底である基底層で生まれて、徐々に上層へと上って行きます。最後は角質として、肌から剥がれ落ちるのですが、その一連の流れをターンオーバーと呼びます。正常なターンオーバーは20代では28日程度です。ターンオーバーが早すぎても遅すぎても肌には決して良くありません。
50歳に入ると多くの女性が更年期真っ只中で、心身ともに低迷状態。
コラーゲンは20代の頃と比べて半減し、ハリや潤いも減ってしまいます。
肌の水分量が減り、季節を問わず乾燥との戦いになります。
保湿・保水の効果を高める為に、浸透力の高い製品を選ぶ事が有効です。
目元・口元など、部分的な乾燥やシワも増えるので、それらをケアする製品も付け加えましょう。30代のお肌は仕事での責任が増えたり、出産や育児に追われたり、激動の30代。肌の老化を確実に感じ始めます。
新陳代謝やコラーゲンが減少し始めるので、肌の回復力が弱まります。
20代は必要最低限の化粧品でも満足できるのですが、30代になると高機能化粧品やスペシャルケアが必須になります。美容液やパックと言った、気になる部位をケアする事も始めたいですね。
26歳はお肌の曲がり角でもあるので、この時期にお肌のトラブルに直面するかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく年齢肌の序章にしか過ぎないのです。年齢肌最大の敵は「乾燥」です。
この時期から正しい乾燥対策をすることで、肌の老化がゆっくりになるでしょう。
潤い不足を感じ始めたら、保湿の仕方を改めてみましょう。どれだけ頑張っても年とともに肌が衰えるのは事実です。
刺激のあるケアは肌の老化を早めてしまうので、年齢による肌の移り変わりを感じ取る事が大切ですね。
季節や状態の肌に合ったケアを行うことで、老化を少しでも遅らせ、美しい肌をキープするのがアンチエイジングの真髄です。