年齢と共に、肌の潤いが減り、肌のきめが乱れ、シミ・くすみ・シワが増える肌…。若い頃と同じお手入れでは、肌の衰えについていけません。
年と共にお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず、どの年代でも基礎となるのが洗顔です。普通に生活しているだけでも、肌には、皮脂や汗、雑菌などが付着します。それを放置するとニキビや肌荒れの原因となります。肌表面を清潔に保つことで、正常なターンオーバーを維持できるのです。
顔を洗った後のお手入れは、年齢に応じて変えると良いでしょう。
まずは、20代のお肌から。
比較的肌状態が良く、トラブルなども少ない20代は、自分の肌に合った正しいケアを知っておくことが重要です。肌は、水分と油分、この両方を必要とします。なので、オイリー肌の方も保水を行わなければならないのです。
多少ケアを怠っても若いうちは影響を受けにくいのですが、この時期から紫外線対策などを徹底しておくと、後々後悔することになります。ターンオーバーが早くなる仕組みはその理由の一つに洗顔のし過ぎが挙げられます。元々簡単に洗い流せる角質簡単に洗い流せるものなのですが、洗顔を意識しすぎて、過剰にこすったり、成分の強い洗顔料を使用する事があります。角質は肌の表面で皮膚を保護するバリア機能として働くので、必要な角質まで剥がされてしまうと肌が弱くなってしまうのです。
30代のお肌。
仕事や育児といった生活面での激動の30代。
肌の老化を実感する時期です。新陳代謝の低下やコラーゲン減少により、肌の回復力が弱まります。
20代は最低限のケアでも満足できるのですが、30代になると高機能化粧品やスペシャルケアが必須になります。
美容液やパックで部分ケアを始めてみましょう。
困ったことに現代女性の多くはターンオーバーが短い事が指摘されています。ターンオーバーが早くて何故いけないのか?ご説明します。ターンオーバーが早いと、新しい細胞が次々に生まれ、十分に成長しないまま各層で働く事になります。
保湿力もなく、刺激にも弱い未熟な細胞が肌を守るのは困難です。
また、未熟な細胞には肌から剥がれにくいという性質もあるので、古い角質が表面で厚く溜まってしまいます。その結果、乾燥やガサつきなどの肌トラブルが起こるのです。
25歳はお肌の曲がり角と言われているので、この頃からお肌のトラブルが感じる方も多いかもしれません。
しかし、お肌の曲がり角は、これから始まる肌悩みの一部にしか過ぎません。
年齢肌最大の悩みは「乾燥」です。
この時期から正しい乾燥対策を行うことで、老化の速度を遅らせることができるでしょう。潤いが減ってきたと感じたら、保湿ケアを見直すサインです。保湿ケアの基本は、水分を補うこと、そして逃さないこと。
化粧水で潤いを満たし、乳液やクリームで蓋をします。どちらかしか行わなかったり、バランスが悪いと、逆に乾燥を招いてしまうことがあるので、覚えておきましょう。
さらには、生活習慣が肌コンディションも影響を及ぼすので、この時期に生活スタイルを良い時期かもしれません。40代に突入すると、ホルモンバランスが崩れ、肌のたるみ・シワ・ほうれい線など、悩む箇所も一気に増えます。
潤いが失われやすいので、乳液に加えて、クリームなどを使い、潤いキープに力を入れることがポイントです。さらには、若い頃に比べて紫外線の影響を受けやすくなるので、シミやくすみを増やさない為に、紫外線対策を心がけましょう。
市販の化粧品だけでは物足りないと感じたら、体の内側からのケアも考えてみましょう。どれだけ頑張っても年齢とともに肌が老化するのは事実です。
やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年齢による肌の変化を知っておく事は大事ですね。その時その時に応じたケアを行うことで、少しでも老化を遅らせ、美しい肌をキープするのがエイジングケアの本質です。
ターンオーバーという単語はご存知だと思いますが、改めて説明しておきます。
肌の細胞は表皮の奥にある基底層で生まれて、段々上層へと押し上げられて行きます。最後は角質として、肌から剥がれ落ちるのですが、そのサイクルをターンオーバーと呼びます。正常なターンオーバーのサイクルは20代では28日程度です。
ターンオーバーが早いのも遅いのも肌には決して良くありません。