お肌の曲がり角と言われる25歳頃になると、肌トラブルに起こす方も多いかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく年齢肌の始まりに過ぎないのです。
年齢肌最大の敵は「乾燥」です。
この時期から正しい乾燥対策を行うことで、老化の速度を遅らせることができるでしょう。潤い不足を感じ始めたら、保湿を変えてみましょう。
年と共に、肌の潤いが減少し、キメが乱れ、シミやくすみが増えていく肌…。
若い頃と同じケアでは、肌の衰えに追いつけません。
年代ごとにお手入れはどう変えれば良いのでしょうか?まず初めに、どの年代でも1番の基本となるのが「洗顔」です。人の肌には、皮脂や汗、雑菌などが付着しており、それらを取り除かないとニキビや肌荒れが生じてしまいます。
肌表面を清潔に保つことで、正常なターンオーバーを維持できるのです。
洗顔後のお手入れは、年齢によって見直していくと良いでしょう。
まずは、20代の肌ケア。
比較的健康で、肌トラブルが少ないのが20代女性ですが、肌に合った正しいケアを習得する事が最も重要です。
肌は、水分と油分、この両方を補わなければなりません。つまり、オイリー肌の方でも保水は必要なのです。
多少ケアを怠っても若いうちは影響を受けにくいのですが、若いうちから紫外線対策に力を入れておくと、後々後悔することになります。50代女性は、更年期真っ只中にいることが多く、心身ともに低迷状態。
コラーゲン量は20代の頃と比べて半分程になり、肌のハリや潤いも失くなっていきます。
肌の水分量が減っているので、一年中乾燥と向き合う事になります。保湿・保水ともに重要なのは変わりませんが、浸透力が高い製品を選ぶ方法もあります。目元・口元など、部分的な乾燥やシワも増えるので、益々手間がかかります。
残念なことに今、多くの女性においてターンオーバーが短い事が指摘されています。
ターンオーバーが早いとなぜ良くないのか?ご説明します。
肌の入れ替わりが短いと、新しい細胞が生まれる速度が早く、十分に成長しないまま各層で働く事になります。
保湿力も少なく、外部刺激にも弱い細胞達が肌を守るのは至難の業です。また、未熟な細胞は肌から剥がれにくいという性質もあり、古い角質が蓄積されてしまいます。
その結果、肌の乾燥やガサつきが生じるのです。
スキンケアの基本は洗顔とお伝えしましたが、ただゴシゴシ洗えば良いのではなく、肌にとって大事な成分は洗い流さない、「優しい洗顔」を心がけましょう。
続いて、洗顔後のケアへ話を進めていきます。
洗顔した後に行うお手入れは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど様々な種類があります。
最近はオールインワン化粧品も人気ですね。年齢による変化を知った上で、洗顔や化粧品を再度見つめ直してみませんか?ただし、やり過ぎはNG!肌に本来備わっているバリアや保湿機能や免疫力を邪魔しないそれらを損なわないケアを心がけましょう。
また、体調と肌はリンクしているので、表面だけに惑わされず、体内から磨いて行くことも解決しない場合もあります。
毎日何気なく行っているスキンケアですが、肌状態に合ったケアを行わないと、効果がないどころか負担になってしまうことをご存知ですか?人によって、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など肌の状態は異なります。そして、生活スタイルやストレス、年齢などでも、肌のコンディションを変化させます。そういった肌の変化をいち早く察知し、肌が求めるケアを行うことこそが、美しい肌を作るためのカギとなります。保湿ケアの原則は、水分を補い、逃さないと言うこと。化粧水が水分の補給をし、乳液やクリームで蓋をするのです。
どちらかしか行わなかったり、バランスが悪いと、逆に乾燥を招いてしまうことがあるので、気を付けましょう。
そして、生活習慣が肌にも現れやすくなります。
この時期に生活スタイルをちょうど良い時期ですね。
スキンケアとは、健やかで美しい肌を持続するためのケアの事です。洗顔などで肌の汚れを取り除き、化粧水などで保湿をするのが一般的なやり方ですね。それぞれの肌が違うように、人それぞれ異なります。
そこで、加齢に伴う肌の変化とスキンケアの注意点について簡単にまとめてみました。