洗顔がスキンケアの基本と述べましたが、ただゴシゴシ洗えば良いのではなく、肌にとって大事な成分まで洗い流さない、優しい洗顔こそがポイントなのです。
では次に、洗顔後のケアへ話を進めましょう。
洗顔した後に行うお手入れは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど種類も豊富です。
最近は全てが1つになったオールインワン化粧品も人気ですね。
顔を洗った後のお手入れは、年齢に応じて変えると良いでしょう。
まずは、20代のお肌について。
比較的肌状態が良く、トラブルなども少ない20代は、自分の肌タイプを知り、正しいケアを学ぶことが最も重要です。肌は、水分と油分、この両方を補わなければなりません。
なので、オイリー肌であっても水分を補う事を忘れてはいけません。
多少ケアを怠っても若いうちは影響を受けにくいのですが、この時期からしっかり紫外線対策を行わないと、その差が将来を左右します。
40歳を過ぎると、ホルモンバランスが崩れ、肌のたるみやシミ・くすみ、シワやほうれい線など、気になる箇所も増えていきます。
潤いが失われやすいので、乳液に加えて、クリームなどを使い、保湿へ力を入れましょう。さらには、若い頃に比べて紫外線の影響を受けやすくなるので、紫外線対策も万全にしましょう。
化粧品だけでは追いつかないと感じたら、体の内側からのケアも考えてみましょう。どうしてターンオーバーが早まってしまったのか、その理由の一つに洗い過ぎが挙げられます。古くなった角質というのは、簡単に洗い流せるにも関わらず、洗顔に重点を置きすぎて、過剰にこすったり、成分の強い洗顔料を使用してしまうことが多々あります。角質は肌の表面で皮膚を保護するバリアの働きがあり、必要な角質まで洗顔で剥がしてしまうと肌が弱くなってしまうのです。50代女性の多くは、更年期真っ只中で、心身ともに疲れた状態にあります。
コラーゲンは20代と比べて半減しており、当然肌のハリや潤いも失われます。肌の水分量が減っているので、一年中乾燥との戦いになります。
保湿・保水ともに、浸透力が高い製品を選ぶと尚効果的です。
目元やほうれいせんなど、部分的な乾燥やシワには、それらをケアする製品も加えた方が良いかもしれません。どんなに努力しても年齢とともに肌が老化するのは事実です。やってはいけないケアは肌状態を悪化させてしまうので、年齢による肌の移り変わりを理解しておく事が大切ですね。季節や状態の肌に合ったケアを行うことで、老化を少しでも遅らせ、綺麗な肌をキープするのがエイジングケアの真意です。保湿する際の根本は、水分を補うことと、逃さないこと。
化粧水が水分の補給をし、乳液やクリームで蓋をします。バランスの悪いケアは、逆に乾燥を招いてしまうことがあるので、注意が必要です。
さらには、生活習慣が肌コンディションも影響を及ぼすので、乱れた生活を見直すにも見直すことも大事ですね。
困ったことに現代女性の多くはターンオーバーが早い事が指摘されています。
ターンオーバーが早いとなぜ悪いのか?ご説明します。ターンオーバーが早いと、次々新しい細胞が生まれ、十分に成熟しないまま各層での役割を果たす事になります。
保湿力もなく、刺激にも弱い未熟な細胞が肌を守るのは困難です。
また、未熟な細胞は肌に留まりやすい性質もあり、ゴワゴワした角質が肌表面に溜まってしまいます。
その結果、肌の乾燥やガサつきが生じるのです。年齢と共に、肌はカサカサになり、キメが乱れ、シミやくすみが増えていく肌…。若い頃と同じお手入れでは、肌の衰えを止められません。
年と共にお手入れをどう変えていけば良いのでしょうか?まず、どの年代でも基礎となるのが洗顔です。人の肌には、皮脂や汗、雑菌などが付着しており、それを放置するとニキビや肌荒れが出来るのです。
肌の汚れを綺麗に落とすことが、正常なターンオーバーを維持できるのです。
30代のお肌。仕事や育児に追われ、環境の変化も大きい30代。
肌の老化を身にしみて感じます。
新陳代謝やコラーゲンが減少し始めるので、肌の回復に時間がかかります。20代は最低限のケアでも満足できるのですが、30代では、高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。
美容液・パックなどの部分ケアを始めてみましょう。