毎日当然のように行っているスキンケアですが、自分に合ったケアを行わないと、返って肌に負担がかかってしまう事をご存知ですか?人の肌は、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌など様々です。また、生活スタイルやストレス、年齢によっても肌のコンディションは左右されます。そうした肌の変化にいち早く気付き、正しいケアをすることこそが、素敵な肌をキープする上で最も大切なポイントなのです。保湿ケアの基本は、水分を補うことと、逃さないこと。
化粧水で水分を補い、乳液やクリームが蓋の役割をします。
片方しか行わなかったり、バランスが悪いと、乾燥を酷くさせてしまうことがあるので、間違えないようにしましょう。
さらには、生活習慣が肌コンディションも影響を及ぼすので、この時期に生活スタイルを良い時期かもしれません。
洗顔後のお手入れは、年齢によって変えていくと良いでしょう。
まずは、20代のお肌について。比較的健康で、肌トラブルの少ない20代の肌は、自分の肌に合った正しいケアを知っておくことが重要です。肌には、水分と油分、この両方が必要です。
つまり、オイリー肌の方でも水分を補う事を忘れてはいけません。多少ケアを怠っても影響が少ない20代の肌ですが、、この時期からしっかり紫外線対策を行わないと、後々大きな差となって現れます。
40歳に入ると、ホルモンバランスが崩れ、肌のたるみやシミ・くすみ、シワやほうれい線など、悩む箇所も一気に増えます。
潤いを持続する力も減るので、保湿力の高いクリームなどを使い、潤いキープに力を入れることがポイントです。
また、若い頃より紫外線の影響を受けやすくなるので、紫外線対策も万全にしましょう。
市販の化粧品だけでは物足りないと感じたら、体の内側からのケアも必要です。
26歳はお肌の曲がり角でもあるので、この時期に肌の変化を感じる方も多いかもしれません。しかし、お肌の曲がり角は、その先益々進んでいく年齢肌の始まりに過ぎないのです。
年齢肌最大の悩みは「乾燥」です。
この時期から正しい乾燥対策を行うことで、年齢肌を遅らせることができるでしょう。潤い不足を感じ始めたら、保湿ケアを改善してみましょう。
30代に入ってお肌は仕事も育児も忙しく、負担が増える30代。
肌の老化を確実に感じ始めます。
新陳代謝もコラーゲンも減少して行き、肌の回復力が衰えます。
20代は必要最低限の化粧品でもケアできるのですが、30代になると高機能化粧品やスペシャルケアが必要になってきます。美容液やパックと言った、気になる部位をケアする事も始めたいですね。どれだけ頑張っても年齢とともに肌が老化するのは逆らえません。
刺激のあるケアは肌の老化を早めてしまうので、年とともに起こる肌の変化を理解しておく事が大切ですね。その時々に最適なケアを行うことで、少しでも老化を遅らせ、若々しい肌をキープするのがエイジングケアの目的です。ターンオーバーと言う言葉を1度は耳にしたことがあると思いますが、そのメカニズムをご説明します。
肌の細胞は表皮の下の方にある基底層という場所で生まれ、徐々に上層へと押し上げられて行きます。
最終的に角質となり、肌から剥がれるのですが、その一連の繰り返しをターンオーバーを呼びます。
健康なターンオーバーのサイクルは20代で約28日。ターンオーバーが早くなることも遅くなることも肌には決して良くありません。スキンケアの基本は洗顔とお伝えしましたが、やみくもにゴシゴシこすれば良いのではなく、大事な成分は洗い流さない、優しい洗顔が必要なのです。では次に、洗顔後のケアへ話を進めたいと思います。洗顔後に行うスキンケアは、化粧水・乳液・美容液・クリームなど種類も様々です。最近は全てが1つになったオールインワン化粧品も注目を集めていますね。
自分のケアを振り返り、洗顔方法や化粧品を見つめ直してみませんか?何事もやり過ぎは厳禁!肌本来のバリア機能や免疫力を損なわないようなケアを心がけましょう。
また、体調と肌は密接に関係しているので、表面だけに惑わされず、内側から磨きをかけることも忘れてはいけません。